腸内フローラを活性させるために、理想的な油(脂質)の摂り方を意識しましょう!!
オリーブ油、亜麻仁油、えごま油(しそ油)などの植物性油脂や、海藻、クルミなどの一部のナッツ類
ココナッツオイル、いわし、さば、サーモンなどに含まれる良質な油といわれるオメガ3系脂肪酸の摂取は、
腸の動きを滑らかにする働きがあります。残念なことに近年の日本人の欧米型の食事ではオメガ6系脂肪酸
の摂取がダントツで多くなり、1:10〜40に。オメガ3系脂肪酸オメガ6系脂肪酸理想的な比率1対4とされ
ています。脂肪には大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つがあります。
 ・飽和脂肪酸…肉や乳製品などの動物性の脂肪  (飽和脂肪酸は体内で合成できる)
 ・不飽和脂肪酸…ベニバナやコーン、オリーブ、亜麻仁など植物性の脂肪
  (オメガ3・オメガ6・オメガ9はどちらも私達の体内では作り出せないことから、食事などを通して
   外から補わなければならない 「必須脂肪酸」と呼ばれ、摂らないといけない油です。)
現代人がもっとも不足している栄養素がオメガ3必須脂肪酸です。

うまいもの倶楽部

6商品

  • < 前
  • 次 >
6件 1-6表示
  • <
  • 1
  • >
6件 1-6表示
  • < 前
  • 次 >

カテゴリー