健康長寿の秘訣は・『暖め+運動』


 運動をしなければいけない2つの理由 
 
 1、生活習慣病の予防
  私たちは食べものからエネルギーを摂取し、そのエネルギーを運動などで消費して健康バランス
  を保っています。運動を行わないとエネルギーの摂取と消費のバランスが崩れて、脂肪として体
  に蓄えられ、これを繰り返されると肥満となり、それが原因で糖尿病や高血圧といった生活習慣
  病のリスクが高まります。

 2、筋力・身体能力の維持
  人間は持っている使わないでいると、その機能はあっと言う間に低下します。特に筋肉は加齢と
  共に減少していきます。トレーニングを行うことで増やすことが出来る組織です。

 筋肉を鍛えると体が温まる 
  心臓が血液を全身に送るポンプ役割を果たしていますが、血液は各内臓に優先的に送られる為
  手足をはじめ末端は血流が滞りやすくなっています。その末端まで血液をポンプの役割を担う
  のが筋肉です。筋肉には自体が発熱するほかに、収縮により血の巡りを促す機能があるので、
  毎日体を動かす「運動習慣」を身につけましょう!!
  「体を外から温める」+「運動で筋肉を鍛える」これが健康長寿の秘訣です。
 

カテゴリー