小麦粉による・・腸漏れ症候群(LGS)



  腸の悲鳴 LGS(腸漏れ症候群) 

抗生物質は、《善玉菌》を絶滅に追いやるハンター。
幼い頃に繰り返し飲むと、腸内バランスが崩れ、悪玉菌が増えます。
腸がただれて小さな落とし穴が沢山空き、血液に直接タンパク質が吸い込まれて、
免疫細胞と鬼ごっこ。体中で大騒ぎし炎上(炎症)します。
これが、 LGS(腸漏れ症候群)です。 
キレやすい子、痴呆、リウマチ、アトピー、臓器の炎症・・・ LGSの症状です。
大麦に含まれるアラントインは、粘膜再生を促し、このLGSを治します。
また、胃酸過多の胃痛を治したり、外傷の治癒にも効果が認められています。


    Leaky Gut Syndrome(LGS)とは・・・  
着実に現代日本人に増えている問題です。
LGSは、腸管壁に大きな穴が開いて、バクテリア、毒素、及び、食物が漏れ出す症状です。
腸粘膜は、人間が生きていくための栄養素とエネルギー源の入り口です。
化学物質への感受性増大、線維性筋肉痛、および食物アレルギーの増加は、このLGSによって引き起こされる
場合が少なくありません。
「腸内ガス」「膨満感」、さらに、これらが原因で起こる腹痛、消化不良によって起こる便秘、そして、下痢などの症状は、
従来、過敏性腸症候群として認知、説明されてきましたが、これらの症状の多くにはLGSが関与している
こともわかってきています。
腸の粘膜によって形成されている「腸壁バリアー」は常に完璧なものではありません。
いったん、腸管壁が炎症、もしくは損傷して穴が開いた状態になると、腸管系の吸収機能に障害をきたします。
腸管壁が炎症を起してLGSになった場合、ミネラルやビタミンを血中に運ぶためのたんぱく質にもダメージが
おこり、結果として、ミネラル、及び、ビタミン欠乏症を来すことになります。

 

カテゴリー