からだの毒消し・・・まごわやさしい 


 本来日本人は多様な食品を少しずつ組み合わせて食べる事で、体にとって有害な物質を自然に
 排除してきました。
 昔から言い伝えられている、日本食のエッセンスである『まごわやさしい』の効果を改めて
 見直してみる必要があります。

 《ま》: 豆類 大豆に含まれているイソブラボンは、フラボノイドの一種で、最近
         女性ホルモンと似た働きをすることが明らかになりました。
         更年期障害、動脈硬化、骨粗鬆症などの予防に期待が集まっています。
         また、大豆製品には、脳にいい不飽和脂肪酸やレシチンも含まれています。
          
 《ご》: ごまなどの種子類 ごまやナッツには、不飽和脂肪酸や若返りのビタミンE
         レシチン、たんぱく質などが多く含まれてます。ごまのセサミンは強力な
         抗酸化物質です。

 《わ》: わかめなどの海藻類 わかめは食物繊維やクロロフィルに富み、ダイオシキン
         の排出をうながす働きがあることが確認されています。
         また、わかめ・こんぶ・ひじきなどの海藻類には、甲状腺ホルモンの
         代謝率を上げるヨードが含まれています。

 《や》: 野菜類 緑黄野菜などに多く含まれてるβータカロテンは、体内で最も
         効率よく働き、活性酸素の生成を抑制します。
         玉ねぎ・にくにく・長ネギなどに共通する独特のの匂い辛み成分は脂肪吸収
         障害(抑制)効果が強く、脂肪の排出をうながす作用があります。
         玉ネギは抗酸化力が強く、活性酸素による効果もあるケルセチンも含まれて
         います。キャベツやブロッコリーには、ビタミンCや、活性酸素から
         体を守る植物性化合物が含まれています。

 《さ》: 魚類 魚介類には、血液循環をうながし、脳の老化を防ぎ、ガンの発生を
         抑制するDHAやEPAが含まれています。アレルギー体質の改善や視力の
         回復にも効果的。また、魚介類には、体内では合成できない必須アミノ酸を
         含むり良質のたんぱく源で、ビタミンB群や亜鉛、鉄、セレニウム、銅も
         豊富です。

 《し》: シイタケなどのキノコ類  キノコに含まれている多糖体には、免疫力を
         高め、ガン細胞の増殖を抑制するする働きがあります。ビタミンB群や
         食物繊維も豊富。

 《い》: いも類 いも類には食物繊維が豊富。なかでも肌を潤す作用に優れているのが
         山芋です。(自然薯・やまと芋・長芋など)山芋にはムチンと呼ばれる
         粘性物質が含まれていて、滋養強壮、胃腸の強化、消化の促進をします。
         じゃがいもには、ウイルスや細菌にたいする抵抗力を高め、風邪や感染症
         を予防するビタミンC、さつま芋には、整腸作用に効果があるヤラピンや
         メラニン色素の沈着を抑えるクロロゲン酸という成分のほか、シミをなく
         し、老化を防ぐ作用のあるビタミンEも含まれています。


カテゴリー