藤井さんの作る しあわせ『ボカシ』とは・・・


天然素材を原料に、自然のエネルギー。
(微生物が様々な有機物を分解する時、活発な働きで発生する呼吸熱を発酵熱と言います)
が近年注目されております。
地球上では好気性と嫌気性の生物が共存して環境を程良く作り出しております。
好気性菌は、酸素呼吸しながら有機物を分解するタイプの菌で、酸素がないと生育でません
反対に酸素がなくても生きていける菌嫌気性菌と呼びます。
有機物発酵にかかわる好気性菌の代表はこうじ菌と納豆菌、さらに酢酸菌も好気性菌です。

一方、嫌気性菌には、酸素があると生育できない絶対的嫌気性菌と、
酸素があっても好気性菌なみに生育する条件的嫌気性菌がおります。
ボカシ肥で活良質のボカシ肥や堆肥づくりでは、好気性菌と嫌気性菌の連携プレーが重要で、
はじめこうじ菌と納豆菌などの好気性菌が活躍し、こうしてつくられた糖などをエサに
条件的嫌気性菌である乳酸菌や酵母菌が活躍し、アミノ酸などが豊富なボカシ肥や堆肥ができます。

好気性生物とは、酸素を利用した代謝機構を備えた生物のことです。
細胞が呼吸を行う過程で、たとえば糖や脂質のような基質を酸化してエネルギーを得るために酸素を利用します。

ほとんどすべての動物、真菌類、そしていくつかの細菌は偏性好気性です。
嫌気性生物とは、増殖に酸素を必要としない生物のことで、ほとんどの嫌気性生物は細菌です。
代表的なものは、嫌気性バクテリアとよばれるもので、地中や海中など酸素のない場所に生息しています。
人の腸の中に生息するビフィズス菌も嫌気性の菌になります。
嫌気性生物はその生息過程で酸素を必要としないため、急激な活動はできませんが、
分解活動を行って有機物を分解し、物質の浄化に役立っています。

歯槽膿漏も歯周病の原因の細菌が嫌気性菌の為に歯茎の中で糖分・炭水化物をエサに繁殖します
から食後歯ブラシで良く磨かないといけないのがここにあります。
近年の研究では、歯周病は全身の疾患とも深く関わっており、
口腔の健康だけではなく全身の健康についても影響を及ぼすたいへん重要な疾患であることが証明されています。

藤井さんが永年開発し続けている発酵堆肥『ボカシ』はこだわりのある材料を使用して発酵(呼吸熱48℃〜57℃)
呼吸熱48℃〜57℃まで上がると言うことは、それだけ微生物が多くいるということです。 自然常温までになる迄に10〜14日間。ボカシ肥料が出来上がります。
微生物が発酵し始めたら出来るだけ早く良い好気性菌を作る事が大切ですとおっしゃっておられます。
藤井さんの造る発酵堆肥『ボカシ』には、約2000種類以上の微生物が住み着いていると言われております。

実績は藤井養鶏ファーム「しあわせなたまご」でご覧ください。
近づくとほのかに発酵した、例えるなら酒蔵のような香りがします。
不思議なのは、カメラで撮影すると白く写る。これが微生物の動きです。

人間は、60兆という膨大な量の微生物(細胞がると言われています。
人間の健康を左右するとも言われております
例えば、善玉菌・悪玉菌・日和見菌・理想のバランスは、 善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」と言います。
日和見菌とは、環境によって善玉菌の味方をしたり、悪玉菌の味方をしたりする菌のことです。

これと同様に微生物の世界にも好気性と嫌気性のバランスは、
「好気性菌2:嫌気性菌1:日和見菌7」です。
好気性菌を増やせば日和見菌7も好気に味方します。

部屋の中に発酵堆肥『ボカシ』をてるてる坊主にして2か所吊に吊るして頂ければ、
インフルエンザや風をひく事はありません。
元々微生物がインフルエンザ菌を防御していたところを、
化学万能時代にたっぷりはまっているも現在、
大量の化学肥料や農薬が微生物を破壊してインフルエンザが萬栄している状況を察知してほしいと思います。

今は地力が低下して農業は出来ないという人が多いですが、
自分たちの力ではなく地球の環境のせいで、
昔は地球のパワーがどんどん植物に入ってきていて物を育てる力があったのが、
今はそれができていないという状況です。
だから今は地球上に異変が起きております。

農業の本当のものをつくるには発酵堆肥『ボカシ』の応援なしには現状できないのです。
微生物は化学肥料を与えると死んでしまいます。
微生物が死んでしまうと物を育てる力が無くなるので、
せめて発酵堆肥『ボカシ』にたっぷりと好気の微生物を培養してそれで応援してやろうと。
みんなが地球の環境がこれだけ汚れたものを元に戻そうと努力するならば20年はかかるでしょう。
このままでは、ウィルスで人間どころか地球上が滅びてしまいます。
とぼかし特許第一人者後藤清人先生はおっしゃっておられます。2016/8月対談

●発酵堆肥『ボカシ』の一部の材料に福田製粉所 ドラフトバーレー分級工場(大麦精白製粉特許製法)
で加工された外皮・L7(中心部より70%)の粉を多く使用しております。

〇後藤清人や後藤さんの愛弟子の藤井さんが作っておられる発酵堆肥『ボカシ』はボカシ1gに微生物15万個以上
いる事が確認されております。成果は、日々動物で実験されておられます。
動物は敏感で体に良いものは直ぐに反応して全部食べますが、
ちょっと様子がおかしいなと思うと口を付けません。
通常のボカシは1gに微生物5万個と言われております。

『ボカシ』は循環の主役を担っている大切な菌です。
バイ菌はこの世に存在しません。化学肥料によって根が死んでしまうと、やがて葉の細胞も死に始めます。
その死んだ細胞を食べてくれるために菌が発生します。菌は健康な細胞は決して食べません。
それを見て「バイ菌」だと勘違いし農薬をかけて殺しているのです。
菌は、死んだ細胞を分解して土に戻すという自分の役割を果たしているだけです。
死んだ細胞を食べて土に戻す菌の仕事がなければ、循環がなくなって世界は死んだ細胞だらけになってしまいます。


ボカシを使用した野菜の比較

ボカシを使用したレタスの比較

ボカシを使用したバジル比較
ボカシを使用したものは虫が付かない


ボカシを餌に混ぜて病気から快復した藤井さんの犬 チビ

急死一生から救われた



健康な体を作るには、安全な堆肥作り、食物作りから始まります。
動物たちが教えてくれている様に自然治癒力UPにご活用ください。 自然の力だけで栽培できるようにな農作物用
『ボカシ』を主食で、健全な卵を産むネラ種の鶏たち示してくれている様(動物用)にもご利用下さい。







 

カテゴリー