ミナミノカオリ小麦粉 岡山県北産 1

【S-146】

756円(税込)

  • ミナミノカオリ小麦粉 岡山県北産 1
  • ミナミノカオリ小麦粉 岡山県北産 1
  • ミナミノカオリ小麦粉 岡山県北産 1
  • ミナミノカオリ小麦粉 岡山県北産 1
ミナミノカオリ (グルテン量):強力粉(12%以上)   アルゼンチンの小麦品種を親に使った、西日本で栽培出来るパン用の硬質小麦品種です。 蛋白質含量が高く、品種名は、交配に用いた親品種Pampa INTAがアルゼンチン産の品種であり 普及地帯が暖地・温暖地であることを示す「ミナミ」と、製パン適正に優れパンのよい香りを表す「カオリ」に由来しています。
■商品名: 晴れの国岡山 津山産 みんみのかおり小麦粉 (強力粉) 1
 内 容 :  植物繊維・ 消化酵素の特性を活用した栄養分を失わない加工方法。
       岡山県北は晴れの国岡山と言われるぐらいに大麦・小麦の昔からの生産地です。
      粉の酵素が活きている健康な美味しいパンを是非お召上り下さい。

岡山県北部は山と温泉に恵まれ、南部は穏やかな瀬戸内海が広がり多島美に彩られています。
また、3つの河川(吉井川、旭川、高梁川)が良質で豊かな水を常にたたえています。
また、穀物の栽培に適した、温暖で良質で豊富な水が麦栽培にも適しております。
昔は大麦の産地として知られておりました。近年需要の関係上小麦がより盛んになって来ております。
別名「晴れの国おかやま」と呼ばれるほど雨の降る日が少ない地です。
温暖で恵まれた環境が岡山の小麦は、その質の高さから兵庫、香川と並んで「三県物」と呼ばれています。

■何故「晴れの国おかやま」と言われるのか・・・
 その理由は
 雨の日数が少ないことが挙げられます。
 気象庁の日本気候表によりますと、岡山県の降水量1mm未満の日数は、
 年間275.9日となっており、これは全国第1位の数字です。
 全国平均が247.3日なので28.6日も多いことになります。

【ミナミノカオリ】種類(グルテン量):強力粉(12%以上)
アルゼンチンの小麦品種を親に使った、西日本で栽培出来るパン用の硬質小麦品種です。
蛋白質含量が高く、品種名は、交配に用いた親品種Pampa INTAがアルゼンチン産の品種であり
普及地帯が暖地・温暖地であることを示す「ミナミ」と、製パン適正に優れパンのよい香りを表す
「カオリ」に由来しています。

福田製粉所 ドラフトバーレー分級工場(大麦精白製粉特許製法)

■何故福田製粉所の粉は酵素が活きているのか?
一般に粒度が細かいほど製品のきめも細かくなり、ふんわりとし、舌ざわりも滑らかになります。
普通粉の粒の大きさを表現するのに『メッシュ』や『目開き』という用語を使います。
メッシュは篩(ふるい)の『アミ』のことで、これは1インチ(2.45cm)の長さの中にある
アミの目の数をあらわします。
たとえば70メッシュといえば1インチの長さの間に70個の目が並んでいるということになります。
アミの線径にもよりますが、このとき『目開き(アミ目の幅)』は約200〜240ミクロンくらいです。
通常では小麦粉の粒度は100〜150メッシュくらいの粒度のようです。
福田製粉所は『240』メッシュ 63ミクロン 0.063000弌,農里らの絹を使用しております。
絹は製粉時に熱を持たせない様に、また酵素を壊さない様に時間をかけて製粉致します。
多分日本ではここだけだと思います。 酵素は48℃以上になると死んでしまいます。

酵素が死んで活動しなくなる時間の目安
   48℃ で 2時間
   50℃ で 2分
   53℃ で 20秒


■薄力粉・中力粉・強力粉の違い・
小麦粉は、含まれるたんぱく質の量と質の違いで薄力粉・中力粉・強力粉と分けられます。
強力粉の方がたんぱく質は強く且つ多く、薄力粉では弱く少ないです。
パンを作るときは強力粉、お菓子では薄力粉、うどんなどに中力粉を使います。
パスタに使うのは『デュラムセモリナ』なんて、聞いたことありませんか?あれも、小麦粉です。
『スーパーバイオレット』と記された薄力粉は特にグルテンが少ないので、スポンジケーキを焼くときに
ふんわりと仕上がり易い粉です。菓子材料の専門店で手に入ります。

購入数

カテゴリー

コンテンツ